アーカイブ

10/29

祝!村上太一28歳

こんにちは。リブセンス広報担当です。
先日10月27日、社長の村上が28歳になりました。

ビジネス比較・発注サイト「imitsu(アイミツ)」を共同運営するユニラボの皆さんが、サプライズで誕生日祝いに駆けつけてくださいました!有難うございました!
お花等をお贈りくださった皆様にも、この場をかりて御礼申し上げます!

ユニラボ栗山社長と村上

ユニラボ栗山社長と村上

リブセンスでは、創業時から従業員の誕生日をみんなでお祝いする習慣があり、心温まる社内イベントの1つとして定着しています。

せっかくですので、誕生日を迎えた村上にインタビューしたいと思います。

広報:
10年前、18歳というと、ちょうど創業メンバー探しなど本格的にリブセンス設立準備をしていた頃かと思います。この10年を振り返って、ご自身で一番変わったな、と思うことは何ですか?
村上:
10年前高校3年生では、夏休みに飲食店でアルバイト経験をしたり、文化祭で実行委員としてヒト・モノ・カネを動かす経験をしたりしました。ちょうど今頃、文化祭が無事に終わって、成功報酬型アルバイト求人サイトの発案や、友人知人を介して創業メンバーのエンジニア探しをしていたんですよね。懐かしいなぁ。
一番変わったこと、太った(苦笑)
昔からの友人に会う度に、太一は変わらないなぁ、と言われます。褒め言葉と信じたいですね。
以前は、全部自分でやらないと気がすまなかったのが、会社の規模が大きくなり、自分より専門性の高い人たちが増えてくるにつれて、徐々に任せることを覚えたとか、いろんな価値観の人たちと接する中で多様性の大切さが分かったとか、横幅以外も少しは成長していると思うんですけど。どうでしょう?!

広報:
今、起業準備をしていた頃の自分に先輩起業家としてアドバイスするなら、何を伝えたいですか?
村上:
褒めてあげたいですね。
まだまだこれからではありますが、起業を試み、実行したことに対して「すごい!」と。
実際に、当時、尊敬する先輩経営者から褒めてもらったことが、すごく励みになったし、自分に限界を設けずに頑張るきっかけにもなりました。人の可能性って本来的には無限にあるのに、自分自身の意識の中で限界を設けている気がするんですよね。
具体的なアドバイスは、各々のスキルや事業内容によっても異なると思うけれど、共通したアドバイスというか、少し先を歩く先輩として何か言うなら、その限界を超えられるよう励ましたい。だから、最近は、後輩の起業家にも「すごい!」と声をかけるようにしています。

広報:
28歳。どんな年にしたいですか?
ダイエットとか、通訳なしで英語を話すとか、ブログを継続するとか、以外で(苦笑)
村上:
「進化」ですかね。
いつもニコニコしてはいますが、悩みや課題もあるわけで。ポジティブ思考なので、全て乗り越えられると確信していますが。
1年後、同じ質問をされた時に、変わったなという実感があればと思います。

広報:
10年後、リブセンスはどうなっていると思いますか?
村上:
今想像できるイメージを超える存在になっていたいですね。
私たちが運営するサービスは、未だ月間で各々数百万人に利用頂いている程度。10年後には、少なくとも10億人以上が利用して下さるサービスにしていきたいですね。既存領域でも新規領域でも、このくらいの規模感になって、ようやく「あたりまえ」と思って頂けるのではないかと。
あたりまえをしっかり創り出し、なくなっては困る存在になる。リブセンスのメンバーとなら、それが実現できると信じています。まずは、今、私を含めメンバー1人ひとりが進化していくことが大切だと考えています。

村上さん、有難うございました。☆Happy Birthday☆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
10/22

ハテナノココロ~vol.1:デジタルマーケティングの現場から~

こんにちは。リブセンス広報担当です。
“あたりまえ”創出に向けたリブセンスメンバーの取り組みをご紹介する企画

「しずくのちから・ハテナノココロ」

今回は、リブセンスの主要サービスでデジタルマーケティング(Web広告出稿)を手掛けるAdグループリーダーの岩崎に話を聞いてみました。

 


 

試行錯誤を繰り返す日々

リブセンスでは、より幅広いユーザーにアプローチするべく、2013年第1四半期からWeb広告の出稿を強化し始めました。スタート時は、アルバイト求人サイト「ジョブセンス」において、主にリスティング広告(GoogleやYahooといった検索エンジンの検索結果ページに表示されたり、Webページのコンテンツや文脈、ユーザーの行動情報に合わせて表示されたりする広告)を行っていました。

どの出稿方法が効率的か?
どういた組み合わせが効果的か?
偏った出稿判断になっていないか?
サイトのユーザー動向等を専門的に分析するAnalyticsグループのメンバーと常に意見交換しながら、日々試行錯誤を繰り返しています。

今では、ジョブセンスに加え、転職サイト「ジョブセンスリンク」不動産賃貸サイト「door賃貸」の広告も出稿しています。
手法も、アフィリエイト広告(広告により求人応募などがあった場合のみ課金される成果報酬型の広告)やリターゲティング広告(ジョブセンス等のサイトを訪れたことのあるユーザーに限定して再訪を促す広告)、バーティカルポータル(アルバイト求人、転職など特定の分野に絞って情報を収集し提供するサイト)への情報転載など、様々な種類を取り入れています。

リブセンスの事例を講演する岩崎

リブセンスの事例を講演する岩崎

 

より安く、より効果的な新手法とは?

人手不足や求職者ニーズの多様化などから、広告出稿環境は常に変化しています。
こうした中で、より安く、より効果的に、そして効率的に運用できる手法はないか?
思案していたところ、Google社のサービスを活用した新手法の導入するに至りました。
具体的には、「動的検索広告」(ウェブサイトのコンテンツに関連性の高い検索語句を自動的に抽出し、適切な広告内容とリンク先ページURLを自動的に表示させる広告)と「検索広告向けリマーケティングリスト」(ユーザーが過去にサイトへ訪問したかどうかによって、広告の単価や内容を変更できる手法)、「コンバージョン・オプティマイザー」(過去の実績に基づいて広告の入札単価を最適化する手法)の3つの手法を組み合わせるというものです。

動的検索広告は、設定の分かり辛さやコントロールのし辛さなどから、広告代理店が二の足を踏んでいるのか、同業他社はあまり使っていません。ただ、リブセンスの場合、Web広告出稿を内製で、かつ少人数で行っていることから、多様なニーズに自動で対応できるこの手法は、非常に魅力的でした。今回のような複数手法の併用は初めての取り組みでしたが、検索連動型広告でのコンバージョン(求職者が応募や採用に至ること)単価は2%低下、コンバージョン数は30%増加させることができました。

 

業界をリードする存在になりたい

実は、リブセンスに入社するまでWeb広告に携わったことはなかったんです。初めは本当に必死で勉強しましたよ(笑)デジタルマーケティングの領域は、次々と新しい手法や事例が出てきて変化のスピードが速い。だからこそ、面白いんです。

成功報酬型のサービスで明確なコンバージョン管理が必要なことや、組織的に小回りがきくこと、今後新しいサービスが増えていくことなど、リブセンスの場合、デジタルマーケティングにおけるチャレンジが必要不可欠だと思います。また、リブセンスの手掛けるサービスを、誰もがあたりまえに使うサービスにしていくためには、サイトへの効率的な集客は非常に重要な施策の1つと言えます。

今後は、日々の情報収集や試行錯誤に加え、デジタルマーケティングチーム全体のレベルアップ、そしてリブセンス事例の講演発表などを通して、業界をリードする存在になれたら、、と考えています。

 


先日10月16日(木)に、アナリティクス・アソシエーション主催の「リスティング広告の最新テクノロジー活用セミナー」が開催され、岩崎が「Googleの最新テクノロジーを活用して成果を最大化するAdWords攻略法」について講演させていただきました。
常にハテナノココロを持ち、チャレンジし続ける姿勢に、パワーをもらえた講演とインタビューでした。
岩崎さん、ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
10/15

5年連続、日本テクノロジー Fast50を受賞!

こんにちは。リブセンス広報担当です。

本日、第12回「日本テクノロジーFast50」のランキング結果が発表され、今年は12位を頂きました。
リブセンスの受賞は、2010年以降“5年連続”となります。

受賞の際いただいたトロフィー

受賞時にいただいたトロフィーの数々

日本テクノロジーFast50は、デロイト・トウシュ・トーマツ・リミテッドが世界約20 ヶ国および北米・欧州・アジア太平洋地域の3地域ごとに実施しているプログラムの日本版で、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下TMT)業界での成長性や成功のベンチマークとなっています。
上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業からの応募をもとに、直近3決算期の売上高成長率の上位50社がランキングされます。
プログラムの詳細は、こちら

Fast50のほかにも、実は、これまで多数の賞をいただいています。
例えば、リブセンス設立のきっかけにもなった早稲田大学ベンチャー起業家養成基礎講座のビジネスプランコンテスト優勝(2005年)をはじめ、

DEALWATCH AWARDS 株式部門 IPO of the Year (2011年、トムソン・ロイター)
Entrepreneur Of The Year Challenging Spirit部門大賞 (2011年、新日本有限責任監査法人)
HRアワード プロフェッショナル 雇用・採用部門 最優秀賞 (2012年、日本の人事部/アイ・キュー)
NBC IPO大賞ルーキー部門 (2012年、一般社団法人東京ニュービジネス協議会)
ベンチャー経営者賞 (2012年、経済界)
ベストパフォーマー賞 (2013年、国際パフォーマンス学会)
ビジネスモデル大賞 (2013年、ビジネスモデル学会)
企業家大賞 (2013年、企業家倶楽部)
働きがいのある会社ランキング (2013年、Great Place to Work® Institute Japan)
NEXT50上場中堅企業ランキング (2014年、日経産業新聞)
Best Under A Billion (2014年、フォーブス・アジア)
などです。

ビジネスプランコンテストの模様(2005年)

ビジネスプランコンテストの模様(2005年)

受賞ポイントとしては、成長性の高さや最年少上場記録更新に関する表彰に加え、「成功報酬型ビジネスモデル」で業界に新風を吹き込んだことがあります。

リブセンスが2006年4月から手掛けるアルバイト求人サイト「ジョブセンス」は、求人されている企業様がアルバイトを採用できるまで一切費用をいただかない「成功報酬型」サービスです。ただ、サービス開始当初は、求職者が応募すると費用をいただくモデルでした。

求人サービス業界へ参入した当時、これまでにない新しいビジネスモデルということもあり、なかなかご利用数が伸びず苦戦しました。その際、企業様のご意見やユーザーの声を伺う中で、敢えて収益獲得ハードルを上げ採用課金型へ切り替える決断を下しました。
ご利用者の皆様のニーズに合わせたサービスへ変えたことで、ジョブセンスそしてリブセンスは、急成長を遂げることができたのです。

しかし、経済環境やお客様のニーズは変化します。
しっかりと変化を捉え、ご提供しているサービスが本当にお客様のニーズに応えられているか、常に疑問を持ち、「進化」していくことこそが成長のカギとなります。

ジョブセンスを中心としたサービス、そしてリブセンスの「進化」については、次週以降、お伝えしていきたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
10/08

2015年4月新卒の内定式を行いました!

こんにちは。リブセンス広報担当です。

内定式の様子

内定式の様子

先日10月3日(金)に、2015年4月入社予定の新卒新入社員内定式を行いました。
リブセンスでは、2009年から新卒採用を始めていて、毎年3名程フレッシュなメンバーが加わってきました。2015年4月は、6名(エンジニア5名・事業企画1名、男性5名・女性1名)が入社予定です。

内定式では、内定者が自己紹介や豊富を述べた後、社長の村上やアルバイト事業部長の細井、キャリア事業部長の鵜飼が、それぞれ熱いメッセージを贈りました。

昨年の新入社員研修を例に挙げ、サービス創りの苦労や喜びを語る村上

昨年の新入社員研修を例に挙げ、サービス創りの苦労や喜びを語る村上

 

続いて、2012年4月に新卒で入社した先輩社員の渡邉が、これまで取り組んできた仕事内容や新卒でリブセンスに入って感じたこと、チームで目標に向けて頑張ることの楽しさなどを語りました。

渡邉は、文系だったこともありサイト開発は全くの未経験でした。インターンシップを経て、ポテンシャルが評価され新卒で正式入社。取締役の桂をはじめとするエンジニアメンバーの研修やOJTにより、新サービス開発や求人サービス(アルバイト求人サイト「ジョブセンス」転職サイト「ジョブセンスリンク」など)のサーバ構成変更プロジェクト、転職クチコミサイト「転職会議」の会員登録数2倍プロジェクトを手がけるまでに成長しました。

転職会議の会員登録数2倍を達成した時の達成感を語る渡邉

転職会議の会員登録数2倍を達成した時の達成感を語る渡邉

リブセンスの従業員構成は、エンジニア・デザイナーが全体の4割超と高いものの、1つのプロジェクト、1つのサービスに携わるエンジニアの数は限られています。また、サービス開発に当たっては、事業企画担当とエンジニア・デザイナーが一緒になって推進していて、エンジニア1人ひとりの果たす役割や権限が大きい特徴があります。

渡邉は、「リブセンスでは、中途社員がほとんど。皆、経験がある上に向上心が高い人が多く勉強熱心なので、良い刺激をたくさん受けることができる。能動的・意欲的に知識や技術を吸収し、積極的にチャレンジしていけば、必ずサポートしてくれる会社だ。」と話してくれました。

最後に、取締役の中島が、“リブセンスの現状とこれから”というタイトルで、進化していくことの重要性や、リブセンスが手がける“あたりまえ”(事業への考え方)などについて説明しました。

成長過程のベンチャー企業は、様々な試行錯誤や仕込み(先行投資)の期間と収益拡大(刈り取り)期間を繰り返しながら拡大していきます。ジャンプの前の踏ん張りタイミングに、どれだけ新しい発想を出し・挑み、努力を積み重ね、そして皆で楽しめるかが、再成長のカギになると思います。

リブセンスの既存メンバーがどんな頑張りを見せているかは、引き続き、このブログでご紹介していきます。加えて、来春、新卒メンバーの奮闘をご紹介できるのが、今から楽しみです!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
10/01

しずくのちから~vol.3:インフラストラクチャーの現場から~

こんにちは。リブセンス広報担当です。
早いもので、今日から第4四半期に突入。
広報ブログは、金曜恒例から水曜日にお引っ越しします!

さて、“あたりまえ”創出に向けたリブセンスメンバーの取り組みをご紹介する企画

「しずくのちから・ハテナノココロ」

vol.3は、リブセンスの運営サイトを縁の下で支える、CTO室インフラストラクチャーグループ・リーダーの松坂に話を聞いてみました。

 


 

2つの役割

インフラグループは、リブセンスが運営する全てのサービスサイトやコーポレートサイトの土台部分を担当しています。いわゆるインフラ部分であるデータセンター(顧客のサーバを預かり、インターネットへの接続回線や保守・運用サービスなどを提供する施設のこと)関連業務、アプリケーション周りの基盤設計、メール配信システム運用などを、現在6名で一手に引き受けています。

私たちが担う役割は、大きく2つ。「整備」と「運用」です。
道路づくりに例えると、どこからどこまで・どのように道を繋げるのが最適かを検討したり、土地を確保したりする「整備」、きちんと舗装工事したり、信号や道路標識、横断歩道などを設置したり、車が安全に走り続けられる環境を用意する「運用」といった感じですね。

事故や天災、法改正、技術進化によって道路にもメンテナンスが必要なのと同じで、インフラグループでも、OS(オペレーティング・システム、一例としてパソコンの場合WindowsやMac OS X、スマートフォンの場合AndroidやiOSなどを言う)のアップデートや、各メディア開発グループのニーズに合わせて、日々様々なメンテナンスを手掛けています。

 

“半歩先”の大切さ

月間1,000万人のユニークユーザーが、安心して求人や家を探せるように、
確実に求人応募や物件問い合わせができるように、
そして、新しい仕事や家を見つけ無事にお祝い金がもらえるように。
リブセンスの手掛けるサービスを、日々あたりまえに使って頂くことこそが、私たちの仕事です。

ただ、リブセンスのような成長過程にある企業の場合、あたりまえのことをあたりまえに行い続けることが、意外と難しい。
会社の成長スピードやサービス規模によって、「適度」は変化するんです。

とにかく安心安全に、どんな規模にも耐えうるインフラ基盤を整えておけば良いのではないか?
答えは、No.です。

今だけを見ていても、1年後や3年後、5年後だけを見ていても、ダメ。
セキュリティ・システムも、サーバ設備も、会社やサービス動向に合わせて“半歩先”を見据えた対応が大切だと考えています。
半歩先を把握するのが私の担当であり、社内のいろんな人とコミュニケーションを取るように心がけています。決して雑談している訳でも、邪魔している訳でもありませんので。。。(笑)

 

フットワークの軽いインフラグループでありたい

リブセンスは、これからさらに成長します。
既存のサービス規模も拡大するでしょうし、機能も拡充していくでしょう。新サービスも立ち上がるでしょう。

サービス運営の監視体制や、技術進化に対応したアップデート対応、バックアップ体制の更なる強化、そして、万一トラブルが発生した際のスピーディーな対応体制づくり等など、課題はたくさんあります。

これからも、半歩先をしっかりと歩き続けられるように、フットワークの軽いインフラグループでありたいと考えています。

 


 

サービスの運営は、目に見える部分だけではなく、確固たる基盤に支えられているもの。半歩先の対応こそが大切、というのが印象的でした。
たくさんのユーザーの皆様や企業様に、安心してサービスご利用いただくための「しずくのちから」を実感したインタビューでした。
松坂さん、ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加