アーカイブ

02/28

第1回ハッカソン合宿レポートVOL.2

こんにちは。

今回は前回に続き、エンジニア・デザイナーで行ったハッカソン合宿
「LIVESENSE made* A/CAMP(日本語訳:あたりまえ合宿)」についてご紹介します。
第1回はコチラ

今回の開発合宿で、大変だったことは何かありましたか?

エンジニア鈴木:
発表の1時間くらい前に、StackOverflow(エンジニア御用達のトラブル解決サイト)も
お手上げのエラーが見つかり、阿鼻叫喚の地獄絵図とはまさにこのことでした。
さらに発表の30分くらい前に、アプリからログイン出来ないことがわかり、
冷や汗がでました。逃げ出したくなりました。

camp4

(鈴木が所属するチームが開発している「在席確認ツール OSUWARI」)

エンジニア鈴木:
時間の限られたハッカソンではこのようにトラブルが起きた際に早めに切り捨て、
プレゼンできる状態に持っていくという決断が非常に重要だと改めて実感しました。

どのチームも現状の課題をプロダクトの力で開発することのできる、素晴らしい物ばかりでした。
どれも1日という短時間で開発したとは思えない出来栄えでした。
リブセンスのエンジニア・デザイナーの企画力・技術力・爆即力を思い知らされました。

最後に、リブセンスでは初めての取り組み(ハッカソン合宿)でしたが、どうでした?

エンジニア鈴木:
0から企画して環境を整えて短時間でプロダクトをつくり上げるという
非常に貴重な経験が出来ました。
開発しているとトラブルに見舞われることも多々有りますが、
チームのメンバーで協力して乗り越え完成した時は喜びもひとしおでした。

camp5(鈴木の所属するチームのリーダー松下の発表)

エンジニア鈴木:
合宿当日は「とりあえず動く」までの実装で手一杯だったので、
画面設計やら遷移フローまで事前に落としこんでおけばよかったと深く後悔しました。
また、時間の掛かりそうなところを考慮して作業の順番をしっかりと詰めておくべきでした。。
次回ではそういったところを抑え、よリ完成度の高いプロダクトを作りあげたいと思います。

鈴木くん、ありがとうございました。

合宿裏話ですが、実は開催日は首都圏を豪雪が襲い、
合宿所に閉じ込められてしまったとのこと。
みんなで人狼ゲームやをやり、想定外の1日を過ごしたそうです。

campother(人狼をするメンバーたち 笑)

リブセンスはエンジニア・デザイナーを積極採用中です。
エンジニア・デザイナー紹介サイトLIVESENSE made*も是非ご覧ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/27

第1回ハッカソン合宿レポートVOL.1

こんにちは。

リブセンスでは社内勉強会をランチや就業時間後など積極的に行っていますが、

今回はリブセンスのエンジニア・デザイナーで行ったハッカソン合宿
「LIVESENSE made* A/CAMP(日本語訳:あたりまえ合宿)」
について2回に分けてご紹介します。

集合写真(写真は今回の合宿の集合写真)

紹介してくれるのは、リブセンス13年新卒入社の転職会議ユニットエンジニアの鈴木です。

早速ですが、今回の合宿の目的や課題は何だったんですか?

エンジニア鈴木:
A/CAMPは日々の業務の中ではなかなか本腰をいれて取り組めないような新規プロダクトの開発、
大幅な業務改善を短期集中で行い
新しい「あたりまえ」のための種を創り出すことを目的とした合宿です。

A/CAMP 3原則
1. 狂ったかのように積極的に新しい技術に触る
2. 見えなかったくらいに爆速でつくる
3. 存在感たっぷりなプロダクトへ必ず仕上げる

開発テーマ
A. アルバイト運営 x ツール
B. オープンデータ活用プロダクト
C. ガジェット活用プロダクト
D. iBeacon/NFC を活用したサービス
E. 社内分析ツールの強化
F. マルチメディア揮発共有API

各チームへの指令は、「動くプロダクトを作ること」
参加者が全6チームに分かれ、各チームがそれぞれテーマを選んだ上でプロダクトをつくり、
最終発表に向けて寝る間も惜しんで開発しました。
camp1
(リブセンスパーカーを着て開発に挑むデザイナーとエンジニアたち)

調査と実現可能性だけで合宿が終わってしまいました…なんてことがないように、
各チーム必死で取り組みました。(鈴木)

なるほど。それで鈴木くんの所属するチームはどんなプロダクトを開発することにしたんですか?

エンジニア鈴木:
私が所属するチームが選んだテーマは「iBeacon」です。

合宿の前にチームとテーマは発表されていて、
どんなプロダクトをつくるかどうかを各チーム議論し、開発環境などの下準備を済ませた上で、
当日は開発だけに集中できるようにしていました。

iBeaconで近くの人と出会えるアプリとか、
家に帰ったらアプリ内のキャラクターが「おかえり」と言ってくれるアプリとか、
様々なアイデアが出ました。

4議論

最終的には、業務で使える、iBeaconの利点を活かせるということで、
用があるけどその人の席に行ったらいなかった、というあるあるを解決すべく
社員の「在席確認ツール」を作ることにしました。

社員にはアプリをインストールしたスマホを持ってもらい、
席に置かれたiBeacon端末との距離を判定して今席に座っているかどうかを
一覧で見ることができるというものです。

camp2(社長の村上からの差し入れのエナジードリンクと)

無事に開発出来たのでしょうか?!続きはVOL.2でご紹介します。

リブセンスはエンジニア・デザイナーを積極採用中です。
エンジニア・デザイナー紹介サイトLIVESENSE made*も是非ご覧ください。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/24

2月24日発売AERAにリブセンスの社員が取り上げれらました

こんにちは。

本日(2月24日)発売のAERAにリブセンスの2013年新卒入社山浦が取り上げられました!

ソチオリンピックで日本に感動の渦を巻き起こした浅田真央選手が表紙で、
『ベンチャーブーム再到来』という特集の中の、
「大手を蹴ってもベンチャー入社」というページでなぜベンチャーに入社したのか、
なぜリブセンスだったのかなどをお話させていただいています。

20140224新卒山浦

写真は「取材って緊張しますね。写真撮影もなんか嫌です。」と言いながら
ポーズを取らされる山浦。

しっかり受け答えをしてくれて、とても助かりました!

ちなみに山浦、華奢な体から想像しにくいですが、ボート部に所属していたそうです。

是非ご覧ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/21

【福利厚生】住宅手当~3割が受給しています~

こんにちは。

リブセンスでは、オフィス(目黒)から2.5kmの範囲に住むと
「住宅手当」として3万円が支給されます。
※正社員対象

目黒から2.5kmだとだいたい、

  • 恵比寿
  • 不動前
  • 五反田

あたりの街が最寄り駅ですね。

オフィスのある目黒駅は比較的家賃が高いことやオフィスに近すぎる(笑)ということもあり、
不動前や武蔵小山に住んでいる社員が多いです。(社長の村上も近くに住んでいます。)

住宅補助(上の地図がオフィスから2.5kmのイメージ)

では、全社員のどの程度が受給しているかというと、だいたい3割が受給している状況です。
(2014年1月末時点)

住宅補助(2)

会社に徒歩で通勤できる範囲に住むことで、
満員電車のストレスやムダな通勤時間を減らしたいという人には絶好の制度ですね。

リブセンスに入社を考えている方々は採用担当に社内制度なども是非お尋ね下さい!

エントリーはこちらからお願いします☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

02/19

【ニュース】「imitsu(アイミツ)」サービス開始

こんにちは。

今回は、本日2/19(水)に「ユニラボとリブセンスが業務提携
させていただいたことについてご紹介させていただきます。

詳細は是非リリースをご覧いただきたいのですが、
ユニラボとリブセンスは業務提携し、
ビジネス比較・発注サイト「imitsu(アイミツ)」のサービス提供を開始しました!

imitsuTOP

imitsu(1)

(サービスリリースを祝してユニラボさんのオフィスで乾杯するユニラボ代表栗山さんと村上)

imitsu(アイミツ)」は、様々な領域でサービスを提供するすべての業者の情報を網羅したBtoBのビジネス比較・発注サイトで、約100カテゴリー、5万社以上の業者の情報を掲載・比較できる日本最大級の発注業者データベースとなっており、発注先を探している企業の担当者の方々にとても便利なサービス!
(詳細はまたご紹介させていただきます。)

imitsu(2)(リリース後、リアルタイムアクセスを見る二人)

ユーザーの皆様から圧倒的なご支持をいただけるサイトを目指してまいります。

これからのビジネス比較・発注サイト「imitsu(アイミツ)」にご期待ください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/17

2013年通期決算発表の実施

こんにちは。

先々週に引き続き、先週末も大雪に見舞われましたが
そんな中、14日(金)に2013年通期の決算を発表させていただきました!

詳細はこちらからご覧下さい。

また同日に、決算説明会も実施させていただきました。

決算説明会

決算説明会

大雪の中、お越し下さいました皆様ありがとうございました!

同時に発表させていただきましたリブセンス中期経営計画については、
また改めてご紹介させていただきます。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/14

リブセンスは9年目を迎えました!

こんにちは。

先日2/8はリブセンスの設立記念日でした!

当日は土曜日だったこともあり、今日は朝からオフィスで記念撮影を行いました。

20140214_9年目記念集合写真

リブセンスは今年で9年目。(2006年設立)

これもひとえにリブセンスのサービスを使って下さっているユーザー・企業様、
投資家の方々や応援して下さっているみなさまのおかげです。
いつもありがとうございます。

来年の10年目に向けて、あたりまえを、発明しよう。というビジョンのもと、
多くのユーザーに使って頂けるサービスを発明すべく、社員一丸となり尽力してまいります。

これからもリブセンスを応援のほど宜しくお願いいたします!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/13

【福利厚生】IAS制度(2)AR Drone2.0

こんにちは。

今日はリブセンスの福利厚生「IAS制度」の紹介第2弾!
第1回 『Nike+ FuelBand SE』はこちら

今回はAR Drone2.0というUFOに似たプロペラ機(?)を紹介します。

Amazonの無人輸送システムの小型無人ヘリみたいなやつですね。
空を自由に移動して荷物を輸送する。
輸送の新しい「あたりまえ」が現実になる日も近いかもしれないということで
「IAS制度」の対象商品になりました。

ARDrone2

コントローラーはスマホのアプリで操作が出来て、
稼働時間は1バッテリーで最大90分上空は100mまで可能とのこと。

リブセンスのオフィスで使っている様子はこんな感じです。
ARDrone2(3)ARDrone2(2)う、浮いてますね。(社内は沸いてました。)

AR Droneはカメラが2台搭載されており、(設置場所はフロントと真下)
USBメモリを挿すことも出来るので録画もばっちりとのこと。

購入した社員に聞いてみたところ、

「趣味でフットサルをやっているので
試合中にフィールド上空を飛ばして空撮するのを試したいと思っています。
低コストで誰でも手軽に空撮が行える時代になるかもしれませんね。」

とのこと。

まだまだ「IAS制度」対象商品はたくさんありますので、またご紹介します!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/12

リブセンスにも葉っぱあります

こんにちは。

今日はオフィス内の紹介です。

取材や見学などで質問されることが多い、この葉っぱ(緑色のやつです)、
エンジニア界隈では有名?ですが、リブセンスにもあります。

エンジニア葉っぱ (2)

エンジニアいわく、光をやわらげるため、ディスプレイが見やすいそうです。

エンジニア葉っぱ (1)

確かに、ちょっと暗いですね。

リブセンスのオフィスのデスクには仕切りがないため、
空間が遮られることで集中力もUPするとのこと。

エンジニアの希望者には、会社がこの葉っぱ用意してくれます。
この葉っぱだけでなく、ディスプレイやマウス、椅子(対象品から選択)なども選択可能です。

興味を持ってくださった方、
エンジニア×デザイナーの紹介サイト「LIVESENSE made」
是非御覧ください!

リブセンスはエンジニアを積極採用中です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
02/10

【福利厚生】図書リクエスト制度

こんにちは。広報担当です。

今日は福利厚生のご紹介です。

リブセンスには、福利厚生の一環として、「図書リクエスト制度」があります。

書籍_01

(写真は休憩スペース横のビジネス書を中心とした書籍棚)

「図書リクエスト制度」とは、
業務および個人のスキル向上のために購入したい書籍があれば適宜上長に申請すると、
会社負担で書籍を購入してもらえる制度です。

購入した書籍は、全従業員が閲覧できるように会社に置くことが決められていますが、
貸出自由となっていますので、人気の書籍は貸出が続いている状況だったりします。

書籍_02

書籍_03

たとえば「ビジョナリー・カンパニー」シリーズや「Steve Jobs」なども。

リブセンスでは新入社員におすすめの書籍を入社前に読んでもらえるように
自宅に送ったり、社員のお気に入りの書籍が寄贈されていたりと書籍環境は抜群です!

エンジニアの技術書やデザイン関連書、雑誌などももちろん多数ありますが、
また別途ご紹介させていただきますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加