システム開発部 エンジニア02

システム開発部 エンジニア02

入社の経緯

大学卒業後、SIerのエンジニアとして就職し、
”天職”だと思えるくらいプログラミングにはまりました。
より大規模なWEBサービスの開発を行い、
技術的にも成長が見込める環境を求めて大手WEB会社へ転職。

しかし、営業主体の会社だったこともあり、配属された部署のエンジニアは私だけ…。
自力で勉強しながら開発をしていましたが、
やはり独学ではエンジニアとしての成長に限界があるのではないかと悶々としはじめた頃に、
リブセンスと出会いました。

リブセンスの採用試験には、技術の筆記試験があります。
その問題が大変面白く、技術的にもバランスが良い試験だったため、
「この試験をつくったエンジニアがいるリブセンスなら、絶対に成長できる!」
と確信し、入社を決意しました。

実際にリブセンスには、技術レベルの高いエンジニアが多数在籍しています。
少数精鋭のため、「有名なエンジニアが社内にいるけれども一緒に働けない」
という大手のようなもどかしさもありません。
優秀な仲間と切磋琢磨し、エンジニアとしての成長を日々感じています。

 

仕事の内容

不動産賃貸サイト「door賃貸」の開発を担当し、並行して社内ツールの改善なども行なっています。

直近では、コードレビューのツールを部内に導入しました。
以前のものはレビューが行いづらく、組織的なコード管理や共有が難しい状況でしたが、
新しいツールにより、履歴管理やプルリクエスト方式でのレビューも可能になりました。

少数精鋭で開発を行なっているリブセンスだからこそ、
サイトの開発だけでなく、部内のミッションに広く関わることができ、
自分が楽しいと思った仕事にも積極的にチャレンジできるのです。

 

今後やりたいこと

今、シリコンバレーでは、技術+マーケティングでサービスの成長にコミットする
「Growth Hacker」という職種が台頭しつつあります。
私も、エンジニアとしてただ開発するだけではなく、様々なデータやKPIを計測・解析することで、
メディアそのものの成長にコミットしていきたいです。

具体的には、トレジャーデータを使用したデータ・ドリブンの開発ができるよう、
基盤のデータ解析ツールなどを社内に導入することを目指しています。

また、仕事以外での開発活動にも力を入れたいと思っています。
個人的にサポートをしている「Tokyo Otaku Mode」という
海外のオタクファン向け情報サイトがあり、これをもっと使いやすくしていこうと考えています。

リブセンスは、個人の好きなことをおおらかに認めてくれるので、公私ともにものづくりに没頭し、
自分ができることの幅をより広げていきたいと思います。

 

応募者へのメッセージ

リブセンスは、技術的貢献を評価してくれる会社です。
これが営業主体の企業ですと、どうしても売上数字が評価の主軸になり、
どんなに新しい技術を取り入れて開発したとしても、評価に結びつかないことがあると思います。

ユーザーにとって使いやすいサービスを追求しているリブセンスでは、
エンジニアとしてのサービスクオリティUPに貢献した点など、
技術面からもきちんと評価される文化があります。

また、社内ではコードレビューの環境が整備されており、
レベルの高いエンジニアとシェアできるため、
エンジニアとして技術的に成長したい方にとっては、最高の環境です。

個人の成長が、サービスの成長、ひいては会社の成長に直結する実感を持ちながら
日々開発することができるのも、現在のリブセンスの魅力かと思います。

一緒に成長したいと思った方のご応募を心よりお待ちしています。

エンジニアの求人を見る

メンバーページへ戻る